開発品情報

  • HOME
  • 開発品情報
一人ひとりを想う、医薬品。一人ひとりを想う、医薬品。

「がんと向き合う人たちの未来を照らす」をテーマに。
がん治療のための医薬品を中心に、抗がん剤の副作用に対するサポーティブ・ケアにいたるまで幅広い開発を進めています。

開発状況一覧

販売製品

製品名(開発コード) 適応/効果 地域 非臨床 臨床試験 申請 承認/上市 進捗状況 提携先
(対象地域)
第Ⅰ相 第Ⅱ相 第Ⅲ相

Sancuso®(SP-01)

MORE INFO
悪心・嘔吐(CINV) 中国
2019年販売開始

自社販売

(北京・上海・広州)

 

Lee’s Pharma

(その他中国)

 

協和キリン

[サブラインセンス]

台湾、香港等
(協和キリンより販売開始)

エピシル® 口腔用液(SP-03)

MORE INFO
口内炎疼痛緩和 <医療機器> 日本
2018年販売開始

Meiji Seika ファルマ

(日本)

 

自社販売

(北京・上海・広州)


Lee’s Pharma

(その他中国)


Synex

(韓国)

中国
2019年販売開始
韓国
2020年販売開始

開発品

開発コード 対象疾患 地域 非臨床 臨床試験 申請 承認/上市 進捗状況 提携先
(対象地域)
第Ⅰ相 第Ⅱ相 第Ⅲ相

SP-02

MORE INFO
末梢性T細胞リンパ腫 (PTCL) 日本
承認申請済

Meiji Seika ファルマ

(日本)


HB Human BioScience

(南米)

韓国、台湾、香港
第Ⅱ相最終試験完了:主要評価項目達成 、承認申請準備中
中国
第Ⅱ相 / Ⅲ相 臨床試験準備中
米国
前期第Ⅱ相臨床試験完了
欧州
非臨床試験完了

SP-04

MORE INFO
末梢神経障害 (CIPN) 日本等
非臨床試験実施中(タキサン製剤対象)

マルホ(日本)

SP-05

MORE INFO
大腸がん 日本
第Ⅲ相臨床試験実施中

開発候補品プロジェクト

核酸医薬RECQL1-siRNA

株式会社ジーンケア研究所と全世界権利導入にかかるオプション契約締結済。各種消化器癌及び卵巣癌等の腹膜転移(腹膜播種)及び付随する腹水貯留の治療を目指し、 核酸医薬RECQL1-siRNAによる新しい治療法の開発を推進。

新規RNA編集技術PPR (Pentatricopeptide Repeat)

エディットフォース株式会社と共同研究開発契約締結済。エディットフォース社の基盤技術であるPPR (pentatricopeptide repeat) タンパク質プラットフォーム技術を用い、がん領域の中からRNA編集をベースとした複数プロジェクト(対象疾患, 標的遺伝子配列, 作用機序)を推進。

PAGE TOP