【お知らせ】SP-02(ダリナパルシン)最終臨床試験結果を受け、化合物発明者Dr. ZingaroがSP-02について米国テレビ局取材を受け放映されました

当社開発品SP-02(ダリナパルシン)の最終臨床試験結果を受け、化合物発明者であるDr. ZingaroがSP-02について米国テレビ局の取材を受け放映(現地時間2020/09/04)されましたのでお知らせいたします。

米国KBTXのwebsiteへリンク: https://www.kbtx.com/2020/09/02/former-am-chemist-learns-compound-he-created-is-helping-cure-cancer-in-japan/

 

【取材概要】

当社開発品SP-02(ダリナパルシン)の化合物発明者であるDr. Ralph Zingaro(元米国テキサス A&M大学の化学者)のもとに当社社長である荒井好裕からの手紙が届いた。

その手紙の内容は、米国で生まれた化合物が日本の会社「ソレイジア・ファーマ」によって育てられ、今般、PTCL治療薬としての最終臨床試験を成功へ導くことができたことを伝えるものだった。

その手紙を受け、94歳のDr. Zingaroが米国テレビ局取材に応じている映像が放映された。

 

ソレイジアは、Dr. Zingaroをはじめとする科学者の功績を患者さんへの貢献に結実させるため、今後も研究開発に邁進してまいります。

 

ニュースへ

医療関係者の確認

このサイトは医療関係者を対象に情報を提供しています。日本国外の医療関係者、また一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

Page Top

SELECT YOUR LANGUAGE