透明性に関する指針

1. 企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針

指針の内容

  1. 透明性に関する当社の姿勢

     ソレイジア・ファーマ株式会社(以下、当社)が行うあらゆる活動は、日本医療機器産業連合会(以下、医機連)で定める諸規範をはじめとする関係諸規範及びその精神に従います。さらに、当社が定める諸規範を遵守するものとします。

  2. 公開方法

    当社ウェブサイト等を通じ、前年度分(1月1日から12月31日までの1年間)の資金提供について公開します。

    >企業活動と医療機関等への資金提供に関する情報

  3. 公開開始時期

    各年度分を決算終了後に公開します。

  4. 公開の範囲及び対象

     当社が公開する医療機関等への資金提供に関する情報の範囲及び対象は、次のとおりとします。なお、「A. 研究費開発費等」/「B. 学術研究助成費」/「D. 情報提供関連費」/「E. その他の費用項目」は消費税抜、「C. 原稿執筆料等」は源泉所得税込・消費税込の金額です。

    A. 研究費開発費等

     研究費開発費等には、GCP省令等の公的規制のもとで実施されている臨床試験や、医療用医薬品・医療機器開発の治験及び製造販売後臨床試験が含まれ、また、GPSP省令、GVP省令等の公的規制のもと実施される副作用・不具合・感染症症例報告、製造販売後調査等の費用も含まれます。

    • 共同研究費
      (臨床)*1
      提供先施設等の名称*3:○○件○○円
      (臨床以外)*2
      年間の件数・総額、提供先施設等の名称*3
    • 委託研究費
      (臨床)*1
      提供先施設等の名称*3:○○件○○円
      (臨床以外)*2
      年間の件数・総額、提供先施設等の名称*3
    • 臨床試験費
      (治験)
      提供先施設等の名称*3:○○件○○円
    • 製造販売後臨床試験費
      提供先施設等の名称*3:○○件○○円
    • 副作用・不具合・感染症症例報告費
      提供先施設等の名称*3:○○件○○円
    • 製造販売後調査費
      提供先施設等の名称*3:○○件○○円
    • その他の費用
      年間の総額
      1. 臨床:第Ⅰ相以降の臨床研究に関わる費用
      2. 臨床以外:第Ⅰ相以降の臨床研究以外の費用
      3. 「提供先施設等の名称」は契約内容に基づいて「施設名」「施設内組織名」「個人の所属・役職・氏名」を公開します。

    B. 学術研究助成費

     学術研究の振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、及び学会等の会合開催費用の支援としての学会等寄附金、学会等共催費が含まれます。奨学寄附金及び一般寄附金については団体ごとに件数と総額を公開し、学会等寄附金及び学会等共催費に関しては団体ごとの総額を公開します。

    • 奨学寄附金
      ○○大学○○教室:○○件○○円
    • 一般寄附金
      ○○大学(○○財団):○○件○○円
    • 学会等寄附金
      第○回○○学会(○○地方会・○○研究会):○○円
    • 奨学寄附金
      ○○大学○○教室:○○件○○円

    C. 原稿執筆料等

     自社医薬品及び医療機器等(以下、自社医薬品等)をはじめ医学・薬学に関する科学的な情報等を提供するため、自社医薬品等の適正使用等に関する情報等を提供するため、もしくは研究開発に関わる講演、原稿執筆や監修、その他のコンサルティング等の業務委託の対価として支払われる費用を含み、支払先ごとに件数と総額を公開します。

    • 講師謝金
      ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円
    • 原稿執筆料・監修料
      ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円
    • コンサルティング等業務委託費
      ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円

    D. 情報提供関連費

     医療関係者に対する自社医薬品等及び医学・薬学に関する情報等を提供するため、もしくは自社医薬品等の適正使用、安全使用に必要な情報等を提供するための講演会、説明会等の費用が含まれます。講演会等会合費及び説明会費は年間の件数及び総額を、医学・薬学・医療工学関連文献等提供費は年間の総額を公開します。

    • 講演会等会合費/説明会費
      年間の件数・総額
    • 医学・薬学・医療工学関連文献等提供費
      年間の総額

    E. その他の費用

     社会的儀礼としての接遇等の費用を年間の総額で公開します。

    • 接遇等費用
      年間の総額

    以下に、これらの公開する費用の一覧を示します。

  5. その他の費用

    拡大

2. 企業活動と患者団体の関係の透明性に関する指針

指針の内容

  1. 透明性に関する当社の姿勢

    当社が行うあらゆる活動は、医機連で定める諸規範をはじめとする関係諸規範及びその精神に従います。さらに、当社が定める諸規範を遵守するものとします。

  2. 公開方法

    当社ウェブサイト等を通じ、前年度分(1月1日から12月31日までの1年間)の資金提供について公開します。

  3. 公開開始時期

    各年度分を決算終了後に公開します。

  4. 公開対象

    1. 直接的資金提供

      (対象)
      寄附金、会員・賛助会員費、協賛費、広告費等
      (内容)
      直接的資金提供を行った患者団体名及び費用項目ごとの金額
    2. 間接的資金提供

      (対象)
      患者団体支援を目的とした企業主催・共催の講演会、説明会、研修会等に伴う費用、ならびに患者団体支援に関連して外部業者に委託した費用
      (内容)
      間接的資金提供を行った患者団体名及び間接的資金提供総額
    3. 当社からの依頼事項への謝礼等

      (対象)
      講師、原稿執筆・監修、調査、アドバイザー等の費用
      (内容)
      会員会社から依頼を行った患者団体名及び費用項目ごとの金額
    4. その他

      (対象)
      労務提供の有無
      (内容)
      提供した患者団体名

3. 患者団体との協働に関する指針

 当社は、患者団体とのあらゆる協働において、高い倫理観を持ち、患者団体の独立性を尊重します。また、患者団体との協働の目的と内容について十分に相互理解するよう努めます。このため、「患者団体との協働に関する指針」を下記の通り定め、当社における行動指針とします。

  1. 相互理解

    当社は、患者団体との協働を、それぞれの見解や判断を尊重した相互理解のもとに行います。

  2. 信頼関係の構築

    当社は、患者団体と対等な関係で信頼関係を構築し、共通の目的の実現に向けてそれぞれの役割を果たします。

  3. 患者団体の独立性の尊重

    当社は、患者団体の活動方針や運営に関して主体性と独立性を尊重します。

  4. 透明性の確保

    当社は、患者団体に提供している金銭的支援等について「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」に則り適正な情報公開を行います。

  5. 書面による合意

    当社は、患者団体との協働における活動項目や資金提供等については、その目的・内容等について、書面による合意を交わし、記録に残します。

  6. 製品の広告・宣伝の禁止

    当社は、患者団体に対し、医療用医薬品の広告・宣伝を行いません。

  7. 影響力行使の禁止

    当社は、患者団体が作成する資料・出版物の内容や発言等に関し、企業の利益のために影響力を行使することは行いません。

  8. 資金源の多様性の推奨

    当社は、単独の支援者となることを条件とする支援は行いません。患者団体が活動のための資金を複数の提供元から調達することを推奨します。

  9. 適正な支援

    当社は、患者団体に対する支援にあたっては、華美・過大とならないよう努めます。また、患者団体の行う会合等については、その目的に相応しい会場および開催地とするなど、適正に支援を行います。

以上

Page Top

SELECT YOUR LANGUAGE