内部統制基本システム

内部統制システムの基本方針

1. 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
  • ・「倫理行動規範」の役職員への徹底を図る
  • ・財務報告の信頼性を確保するための内部統制の体制を整備・運用し、適切に評価を行う
  • ・「企業倫理申告運用規程」に基づき、法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事項を速やかに把握し、適切に対応する。
  • ・「反社会的勢力対応規程」に基づき、反社会的勢力に対しては毅然とした態度で臨み、一切の関係をもたないことの徹底を図る。
  • ・「内部監査規程」に基づく内部監査を実施し、上記諸項目の検証を実施する。
2. 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
取締役会議事録(電磁的記録を含む。)その他取締役の職務執行に係る情報は、法令及び「文書管理規程」に従って保存・管理するとともに、取締役及び監査役による閲覧が可能な状態を維持する。
3. 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
「経営危機管理規程」に基づき、経営に影響を及ぼすリスクに対し、迅速かつ適切な対策を実施する。
4. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
  • ・中期事業計画を策定し、これに基づく職務を執行し、当該計画による統制を図る。
  • ・定期的又は随時、電話会議システムなどを用いて取締役会その他の会議を開催し、業務執行に必要な決定を適時に行う。
5. 当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
①子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
  • ・当社の「倫理行動規範」を子会社も対象とする当社グループの倫理行動規範として制定し、子会社の役職員への徹底を図る。
  • ・当社内部監査体制において、子会社をその監査対象とする。
②子会社の取締役の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
  • ・当社の役職員を子会社の役員として派遣し、子会社の取締役職務執行を当社内部統制に組み込む。
  • ・子会社の職務執行に係る決定に関し、当社への報告事項及び承認事項の基準を明確にし、これを徹底する。
③子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
  • ・「経営危機管理規程」に基づき、子会社のリスク管理体制を整備する
④子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
  • ・当社中期事業計画の策定に際しては子会社事業活動も編入することとし、これに基づく職務を執行し、当該計画による統制を図る。
6. 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及びその使用人の取締役からの独立性及び監査役からの指示の実効性の確保に関する事項
監査役は、監査業務に必要な事項を、監査を補助する職員に対して命令することができるものとし、監査役より監査業務に必要な事項の命令を受けた職員は、当該事項に関して他の役職員の指揮命令は受けないものとする。
7. 取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制
  • ・監査役はすべての社内会議に出席できることとし、内部統制の実効に関わる情報を適時に入手できる体制を構築する。
  • ・役職員は、監査役から業務執行に関する事項の報告を求められた場合には、速やかに報告を行う
  • ・役職員は、法令に違反する事実、会社に著しい損害を与えるおそれのある事実を発見したときには、速やかに監査役に報告する
  • ・監査役への報告を行った当社及び子会社の役職員に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保する。
  • ・監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払等の請求をしたときは、必要でないと認められる場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理する。
8. その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
監査役による監査の実効性を確保するため、監査役が内部監査を担当する部署及び外部監査人との連携を図るとともに、代表取締役と定期的に情報・意見交換する機会を確保する。 以上

Page Top

SELECT YOUR LANGUAGE